http://ad.aspm.jp/7ln753/t1/

【フル勃○に注意!!】人をダメにするちょいブス・ネタバレとあらすじを感想付きでまとめました。

主人公は淫らな行為をされまくります。

ちょいブスさんへの命令です。

 

部屋の窓を開けてください。

「外に見せつけるように1分間胸をもみしだいてください。」

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

初めての合コン生まれて初めての合コンは大学一年の時でこちらは同じ学科の男3人、相手は派遣社員の年上女性3人で池袋の居酒屋で行われました。

 

僕は田舎から関東に出てきたばかりだったのと、大学生以外の女の子と飲んだことなかったので若干緊張気味でした。

 

向こうは合コンに慣れているような雰囲気で、その場も完全に仕切っていて男3人は完全に主導権を握られているような感じでした。

 

そんな中、3人の女性のうちの一人がまだ一次会にもかかわらず早くも泥酔状態に入ってしまったようで、ろれつが回らない状態に。

 

仕方なくその時側にいた私が解放するような形になってしまったのですが、その際にとにかく抱きついてくるんです。

 

2次回に向かう途中もずっと抱きついたまましつこくキスしてくる。今振り返るとすごくおいしい状況だったなと思うんですが、その時は何しろ田舎から出てきたばかりの若造だったため、嬉しいんだか何だかよくわからない感じでした。

 

結局終電に合わせてみんな解散という形になってしまいましたが、「合コンってすごいな・・・」という印象が強く残ったのを覚えています。

 

後に私が合コンにどっぷりハマったのはこの最初の経験があったからだと思います。

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

こんな感じで主人公はゴミのような扱いをされていきます。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

これは、主人公が中学時代のちょっとエッチな体験談です。

 

 

ある日、主人公と、ちょいブスの洋子の家に遊びに行きました。

 

 

何をしに行ったのかは、忘れましたが、その4人で遊ぶことになったんです。

 

 

最初は、ゲームをやったりして遊んでいたのですが、そのうちに飽きてきました。そして、ゆったりトークが始まりました。

 

 

そのうちに、主人公はちょいブスの洋子のおっぱいの話になりました。

 

 

ちょいブスの洋子のおっぱいってどんな感じなの、みたいな。

 

 

すると、タクミさんが笑いながら軽い感じで、「ちょっとさわってもいいかな」と言いました。

 

ちょいブスの洋子も、笑いながら、「ちょっとだけならいいよ」という感じの事をいったと思います。

 

すると、タクミさんは鬼のようにちょいブスの洋子のおっぱいを、もみ始めました。

 

 

ちょいブスの洋子は、笑いながら暴れだしました。

 

 

こうなったら、止まりません。

 

 

次は、ちょいブスの洋子の股間を指で高速でスリスリし始めました。

 

 

ちょいブスの洋子は、笑いが止まりません。

 

 

タクミさんも、どさくさにまぎれて、ちょっとだけ揉みました。

 

 

しばらくして、なんとか治まりました。

 

 

みんな笑いすぎて涙が止まりません。

 

 

当時の私はシャイだったので、それ以上は何もできませんでした。

 

 

もうちょっと触っておけばよかった。

 

今から思えばあれは、なんだったんだろう。

 

でも、楽しいエッチな思い出のひとつです。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

人をダメにするちょいブスは実は女になる。

 

 

大好きな人をダメにするちょいブスが帰宅するのが待ちきれなくて。

 

 

 

体が火照って仕方がない。

 

 

お料理してても。

お掃除してても。

 

 

胸が張り裂けそうになることを誰にも言えず。

 

 

お風呂場に行ってお風呂掃除をしている間に汗を脱ぐって。

 

 

シャワーを洗っていると。

 

 

だんだん不思議な気分になってくる。

 

 

胸が張り切れそうで頭の中は人には言えない世界が広がり。

 

 

シャワーヘッドがだんだん。

 

 

固い物にみえてきて。

 

 

知らない間に女スイッチがオンになる。

 

 

昼下がりからもうどうにも止まらず。

 

 

床がぬるぬるしていることを人をダメにするちょいブスはただシャワーで無かったかのように洗い流す。床をごしごし洗っても。

 

 

自分の女が溢れだし益々頭が真っ白になる。

 

 

汗を体が滴って唇を噛み締めても。

 

 

指先にはシャワーヘッドをまるで固い物を触るように優しくピカピカに研きあげる。

 

 

人をダメにするちょいブスの大切な所も研きたいわ。

 

 

こんなにおばさんからいくつでも女は女なのね。

 

 

タクミさんを育てて。母

 

 

乳も枯れ果てた乳首がこんなに大変な事になってくる。

 

 

ア~アいけない気持ちになってくる。

 

 

そんな時人をダメにするちょいブスどこにいる?

 

 

なんて段々風呂場に近寄ることを、人をダメにするちょいブスは必死で冷静さを保ってどうしたの?

 

 

なんて人をダメにするちょいブスは今掃除中よ。なんて

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

かなり興奮するシーンがたくさんありました。

 

 

特に興奮するシーンはこんなシーンがたくさんありました。

 

洋子さんへの命令です。

 

「上の服を脱いでブラをはずしてください。

 

唾液をつけた指で乳首を一分間刺激してください。

 

 

すると縛り上げられた洋子の白い首筋に男の舌がねっとりと這う。

 

「助けて、っ……嫌ぁ……っ」

 

男を知らない柔らなソコに、凶暴な肉棒が突き入れられた。

 

容赦なく奥を犯され、声も出せずに喘ぐ。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓